Re-TURN plantsは、日本のゆたかな森を守ることを目的とし、(山梨県道志村の「養老の森」での)森林保全活動からでる広葉樹や間伐樹の苗を個人のお家や店舗、オフィスで観葉植物、庭木などとして育てていただき、成長した苗木を森に戻すという再生(リジェネレーションプロジェクト)です。

植物を育てるという普段のライフスタイル​が、ゆたかな森の再生に貢献するRe-TURN plants、はじめてみませんか?

 

ゆたかな森をつくる  山梨県道志村「一般社団法人 養老の森」

「(一社)養老の森」は、子どもも大人も自然を五感で感じることの喜びを見つけ出すこと、自然への適度な「手入れ」を実行していくことで豊かな森づくりと新たな暮らしの提案をし、顧問である養老孟司先生(東京大学名誉教授)の提唱する「森に還る、街から山へ参勤交代」をテーマに、森の間伐や植樹、伝統的な文化や暮らしの場の体験、動植物の調査・保護、様々な自然体験教室などを行っています。

今、豊かな森を支えるはずの農山村は様々な問題を抱えています。そして人口の流出や農林業の衰退は続き、農山村は存亡の危機にあります。こんな現実を踏まえて、もう一度、森の暮らしを問い直し、放棄された森や農地、暮らしを健康に育もうとする「養老の森」の活動と連動した企画がRe-TURN plantsです。

「養老の森」の森林整備・保全活動とは?

 

山村の自然は最高の教師であり、自然環境の教育から心の教育、また都会と地方との関係等、社会性まで幅広く学ぶことができます。
それは、答えのない様々な課題を自ら解決できる場所です。
BELAYではRe-TURN plantsを通じて、道志村の「ゆたかな森」を守り環境保全に取り組むと同時に、養老先生の提唱する「森に還る、街から山へ参勤交代」をテーマとした都会と地方を繋ぐ持続可能なライフスタイルをご提案します。

 


ご購入されたRe-TURN plantsは、ご自宅などで育てていただきます。成長した段階で養老の森にリターンしに来ていただきます。そのままご自宅にて育てていただくこともOKです。リターンの条件は下の養老の森へリターンにてご確認ください。

※現在はイベントでの出店にて販売をしていますが、今後、常時Re-TURN plantsの購入できる場を検討中ですのでしばしお待ち下さい。
※イベントでの販売情報も随時こちらに情報をアップしていきます。

2024年イベント販売情報
3月15日(金)-17日(日)10:00〜17:00 @立川「GREENSPRINGS」 TOKYOエシカルマルシェ
詳細はこちらから
4月20日(土)8:00~16:00 @高尾山口駅前広場 KEEP EARTH AWESOME FIELD EVENT
詳細はこちらから

 


現在ご活用されている店舗やオフィスでの観葉植物を、ゆたかな森に必要な間伐樹や広葉樹の観葉植物として、店舗・オフィス内で育てていただき、成長に伴い森に戻していただくというものです。

ゆたかな森に必要な「間伐」「植林」に参加することで持続可能な林業の循環の一部を担います。会社の広報活動や取り組み、部活動など、単に観葉・ディスプレイということでなく、社員・顧客の皆様の環境への意識を高めます。育てた苗木は回収→植林→入れ替えのサイクルで、持続可能、循環型「森づくり」にご参加いただきます

※ご興味ある法人様はこちらよりお問い合わせください。

 

ご購入されたRe-TURN plantsは2年目以降リターンが可能となります。「養老の森」で毎月(3月〜11月)開催される森林保全活動(森ワーク)にご参加いただき、育てた苗の植林を体験していただきます。そしてその生育も継続的に観察していただけます。

※現在販売した苗に関しましては2026年3月以降リターン可能となります。

 

 

Re-TURN plantsに関してのお問い合わせはこちらまで

PAGE TOP